読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「普通」のレールを歩めない!

自身の体験や経験などを淡々と綴る、あせんとのブログです。

アクセサリー制作

皆様おはようございます。あせんとです。

今日は僕の趣味であるアクセサリー作りを紹介したいと思います。何よりもまず作品、ですよね。

ほいっと。

f:id:asento:20161015183845j:plain

f:id:asento:20161015183800j:plain

これは僕が学生の頃に制作したリングなのですが、植物の有機的なモチーフをイメージしています。フリーサイズリングで、指にはめた時に植物が両側から指を覆うようにでデザインしてあります。アール・ヌーヴォーの影響を受けて作ったものですね。今となってはアール・デコ幾何学的なデザインに魅了されている僕なのですが、当時は有機的なモチーフが好きだったんですね。懐かしいなぁ(´・Д・)

 f:id:asento:20161016131837j:image

上の画像が最近制作した僕の作品なのですが、全然雰囲気が違いますね。別の人が作ったんじゃないのかと言われても返す言葉がありませんw

現代ではもう、アクセサリーすらパソコンで作れる時代になっていて、ジュエリー業界ではRhinocerosというソフトを使って、日々アクセサリーが制作されています。

f:id:asento:20161016132207p:image

↑はi Rhino 3Dというアプリでスクショした画像で、このアプリではパソコンで作ったアクセサリー・ジュエリーをスマホに移してレンダリングで見ることができます。先ほど紹介したペンダントも、このソフトを使って制作しています。いやぁ、もう何でもパソコン、スマホの時代ですね。テクノロジー様様です。

ところで、アクセサリーとジュエリーの違いってなんなんでしょうね。アクセサリーでも宝石を使ってるものはありますし、ジュエリーでも貴金属、宝石を使ってないものはあります。アクセサリーの訳語としては"装身具"もしくは"付属品"なのですが、ジュエリーの訳語は"宝飾品"です。領域横断的に広い意味で「身に付け飾るもの」といったことなのでしょうかね。訳語とその物のイメージが必ずしも一致しないことはままあるので、考察する意味もないのかもしれませんがw